2011年4月24日日曜日

☆本日のいただきもの☆

『100,000年後の安全』
http://www.uplink.co.jp/100000/

日系エンターテイメントさんを経て、UPLINKさんよりサンプルDVDをいただきました。
ありがとうございます。


これは人類社会が経験する、最も「永い物語」である。

フィンランドで建設が進められている、放射性廃棄物の永久処分場「オンカロ」。
その巨大な地下都市のごとき施設の役割は、集積された放射性廃棄物が安全になるまで、人々を遠ざけ、忘れ去られること。
その想定期間は、実に10万年。

この映画が教えてくれるのは、原子力発電というものがいったい人類にどのような課題をもたらしたか、ということだ。
原子力発電というものを真剣に考えたとして、我々にはどこまで「考える能力」があるのか?
10万年。ネアンデルタール人から、今の人類へ「世代交代」するまでと、ほぼ同程度の時間だ。
そんな巨大な時間を、現代の社会問題として扱った経験など、誰にもあるはずがない。ネアンデルタール人にまで遡ったところで、一人もいないだろう。ましてや10万年もの間、機能を保ち続けた建造物など、この地球上に存在した試しがない。
だが原子力発電によって生まれる放射性廃棄物は、我々に、想像を絶する問いかけをもたらした。

10万年後のことにまで、我々は責任を負うべきなのだろうか?

このドキュメンタリー映画に登場するのは、「YES」と答えた人々だ。そして彼らこそ、人類が今後経験するあらゆる物事の中で、「最も永い物語」に挑んだ、最初の人々になるだろう。


映画を見終わって考えさせられたのは、今の「原発反対か、賛成か」という議論が、いかに未知の問題を棚上げしているか、ということだ。
多くの人々は、数カ国、数十年といった程度のスパンでしか考えていない。僕自身もそうだ。というより、それが大半の人々にとっての限界だろう。
そして、そうした限界をあざ笑うかのように、原子力発電所の「安全」は、多くのものごとが確実であるにもかかわらず、どう対処すべきかは決まっていない。

最終処分を行わなければならない放射性廃棄物の恒久的な処分方法は、先進諸国でも決まっていないか、実施されていない。
インドや中国や中東地域といった世界中の国々が、西欧先進国と同じ電力量を消費できるようになるには、原子力発電所があと千基かそこらは必要になるらしい。そしてそうした国々の中には、戦争で原子力発電所が破壊される可能性のある地域が少なからずふくまれている。
いずれ石油と同じように、ウランも尽きるが、その後の代替エネルギーは想定されていない。放射性廃棄物を再利用する技術は存在するが、それによって生じるプルトニウムなど、核兵器に転用できる物質の問題は解決されていない。

「地層処分」というフィンランドの決定の背景には、こうした問題を「本当に考えた」とき、想像を絶する課題が待ちかまえているという事実がある。

あなたは10万年後の未来を「考える」ことができるだろうか。
10万年後の未来に、責任を持つべきだと考えるだろうか。
そして、10万年後の人類を、信頼できるだろうか。

2011年4月19日火曜日

【みな】本日の一言【粛々と】

余震が続く中、急速な回復を継続しているライフライン。
これが日本の底力なのだと感動を覚えます。
自衛隊・警察・消防・海上保安庁の尽力と同じく、物資流通の回復維持を果たす一人一人もまた、復興の第一歩を我々に示してくれる、英雄的存在でありましょう。

にもかかわらず。
いまだ家族を自宅に戻せないまま、一人で東京・福島・北海道を行ったり来たり。
長引く原発災害は、かつてない長期戦を住民にしいており、家族が離ればなれになるケースが増える一方です。


夏もこの格好なのかなあ
 福島の小学生たちのぼやき。本屋さんにて。春の陽気にもかかわらず、頭からレインコートをすっぽりかぶり、マスクと手袋をし、ふうふう息苦しそうな様子である。「なるべく体を覆って下さい」という専門家の指示に、親は従わざるをえない。明白な危険に対処するのではなく、不確実な安全対策を延々と続けさせられることは、想像以上のストレスをもたらす。
 子供をそんな格好でしか外出させられない今の状況に、いたたまれなさを感じる。


本日の環境放射線測定値です
 ラジオの天気予報にて。もはやSFである。「風向きに注意して下さい」と言われたところでなすすべとてない。本当にその数値が正しいのか、誰が計測したのか、疑い出せばきりがない。
 

一元化と多元化
 地震・津波と、原発災害、何が最も違うのか。
 地震や津波においては情報もその意味合いも一元化されてゆく。誰も「津波は十センチまでなら安全です」とは言わない。「近くにある電信柱にしがみつけば大丈夫です」といった場当たり的な対処法を示したりしない。「津波が発生する確率が10%以下なら安心して港での仕事を続けよう」とは考えない。全て「危険だから待避して下さい」である。
 しかし原発災害においては今もバラバラで、場当たり的で、意味不明なまでに多元的だ。
 何が安全なのかもわからない。日によって状況が変わり、しかも日本と世界の専門家の意見が一致することのほうが珍しい。地震や津波の際に大活躍したツイッターやソーシャル・ネットワークも、原発災害に関しては矛盾する情報ばかりで、具体的な対策効果に乏しい。
 汚染という言葉の一人歩きも激しく、人々の気分で、状況の評価も変わってしまう。
 こうしたことに、とにかく耐えねばならない。
 こんなに疲れる災害はない。


(子供が)汚染されていないことを示す証明書を提出して下さい
 茨城県つくば市。どうやら、福島から避難した子供が、避難先の学校に転入する際に証明しなければならないらしい、とのこと。「福島の子供は放射線を出すに違いない」とでも思っているのであろうか。
 こうした、教育の現場での公序良俗軍団による見当違いな私的発砲は、いたずらに人を傷つけるだけで何の益もなく、今後ますます広まらないことを願うばかりである。
 実際にそんな馬鹿げた証明書が作成されたかどうかはわからないが、こうした風聞を耳にすると、ついつい「そんな場所に子供を避難させなくて良かった」と思ってしまうのが正直なところである。


避難? 追放だよ
 原発周辺から待避させられた人の呟き。福島市内の喫茶店にて。幸運にも震災を生き抜いた。物資流通が回復した。桜の開花に伴い、心弾む景色がようやく訪れてくれた。
 なのに自宅で住めなくなった。いつ帰れるのかもわからない。仕事はできない。農地はほったらかしだ。取引先は全て失われ、仕入れた物品全てが「汚染」扱いされて売り物にならない。
 町や村が、先の見えない空白の中に置かれる。
 原発事故の怖さは、農・漁・工・商・観光、全ての地元経済が一昼夜にして停止し、その範囲がとんでもなく拡大してゆくところにある。
 

2011年4月10日日曜日

【ほぼ一ヶ月ぶりに】本日の一言【一時帰宅】

北海道・帯広での仮設拠点を準備しつつ、
一時帰宅の人たちとともに、飛行機で福島市へ。
物資不足は如実ですが、みな、粛々と生活をしておりました。

新幹線の復旧はされるのかわかりませんが、
12日の本屋大賞授賞式にはなんとか出席予定。
「元気な日本」に参加します。



単に好きなだけです、忌野清志郎さんが
 福島市のガソリンスタンド店員さん。ようやく車に給油した際、店内から『原発賛成音頭』が響き渡っていたことについて。別に「他意はないです」という、その静かな反骨な態度に感心させられた。
 店員さんが言うには、忌野清志郎がチェルノブイリの事故を受けて作った歌が収録された『COVERS』というアルバムがあったが、発売元の東芝EMIの親会社である東芝が、「反原発の歌である」として発売させなかったのだ、とのこと。
 福島第一原子力発電所の原発のうち半数は、東芝製であるらしい。

原発賛成音頭 Bye-Bye-Timers
http://www.youtube.com/watch?v=cgTeQpw_tSI



乗ってって下さいよ、近いんで
 郡山市の会社経営者。福島空港の荷物受取所にて。乗り合いタクシーが運行休止しているため、どうしたものかと思案していた冲方に、初対面にもかかわらず話しかけて下さった方がいました。郡山市も決して近いわけではないのですが、ありがたくご厚意に甘えさせていただきました。



地震でビルの中身壊れたんで、銀行さんにあげようかと
 上記の会社経営者。持ちビルを担保に融資を受けていたが、ビルの中身が震災で壊れ、修復する資金もないため、ビルごと銀行に渡すしかないとのこと。「まあ、仕方ない」というあっさりとした一言に、地に足のついた強さを感じさせられました。


 
インドで豆腐売ってます
 上記の会社経営者。その父親について。バブル崩壊後、様々な事業に挑戦したお父様だそうで、事業を息子に譲り、齢六十にして何をするかと思ったら、つぶれた豆腐屋から機械を買い取り、「新天地」を目指して、英語もしゃべれないのにインドに行ってしまったという。
 現地ではなかなか繁盛しているそうです。
 なお、そのお父様は、かつて福島・郡山を洪水が襲ったとき、「ボート屋からモーターボート持ってこさせて、ぶっとばしてました。土嚢つんで配ったり、安否確認したりしてね」とのこと。
 震災が起ころうがなんだろうが、強く生きていく。受け入れて生きていく。それができる人ほど、周りにいる人も強くする。
 はからずしも、元気をいただくことができました。ありがとうございます。
 

2011年4月1日金曜日

☆本日の一言☆

なんでもええから、あたしの韓流ドラマどうしてくれんの
 BS某局にて。災害報道ばかりであることに対し、関西で今、最も多いクレームであるらしい。
 単に「温度差」「不謹慎」ととらえるむきもあるが、むしろ避難した身からすれば最も「ほっとする」一言でもある。今、必要なのは長期化する災害に耐えるための「日常」だ。被災地を離れさえすれば日常がある、ということは大いに希望になる。仕事があって学校があって娯楽があるということが、上記の一言で強く伝わる。そういう場所があるからこそ、支援も復興も可能になる。

 こうした反応こそ、日本が災害に強い証拠なのだと思わされた一言でもある。
 日本は南北に長く、東西は山脈などで隔絶し、複数の細胞が寄り集まったような国だ。ある地方が壊滅しても、他の地方はその余波を免れて生き残る。「切り離し」や「封じ込め」が可能である一方、南北に「すだれ」のように交通網が発達していることから、東西南北への移動が容易である。
 しかも、それらの異なる地域が一つの国として存続するところが、日本の不思議な「強さ」なのだと感じさせられる。諸外国においては、ある地域が壊滅すると、それに便乗して別の地域が独立し、違う国になってしまうことだって考えられる。

 西日本では、多くの人々が自然と「切り離し」を行い、物理的・精神的な衝撃を受けないような姿勢をとっているのではないか。
 無関心が度を超さない限り、それは賢明な姿勢である。今後の復興の主体は東日本だが、下支えとなるのは西日本だ。今、西日本があらゆる面で無傷であろうとし、日常的な生活を保とうとすることは、重要だと思う。

 とはいえ、一時期まことしやかにウワサされた西日本への被災者の大規模な移動が、国や県同士で計画されているという話が聞こえてこない。災害の余波は食い止めるべきだが、今緊急に避難を必要としている人間を食い止めてしまっては日本の強さもへったくれもない。


原発の人たち、クッキーと野菜ジュースだけで働かされてる
 福島の看護士。日に日に改善されているらしいが、労働環境は過酷だ。福島第一原発の現場では、眠るのは建物の床、着替えはなし、飲食は限られた配給。衣食住のない、戦場さながらだ。長期化すると判断された時点で、機材や燃料だけでなく、まず人間が必要とする物資も届けるべきだろう。「もし体力が弱った彼ら同士、病気を感染し合うような状況になったらどうするんだろう」とのこと。


噴火だと思え
 消防士。原発事故の前例がなく、市民の側が危険をイメージしにくいことから、最も似ている災害として「火山の噴火」をたとえに挙げて避難や復興の計画をスムーズにすべきだ、という提言。人の健康や農作物、土壌や水質の汚染といった被害も、火山灰による広域・長期の被害をイメージするとわかりやすい。ベクレルもセシウムも、共通イメージがないことには、意味が浮かんでこない。
 「未知」かつ「不可視」であることによるストレスを緩和する上でも、意外に、効果的かも知れない。


復興のモデルになると思う。良くも悪くも
 記者。 北海道がこれまで経験してきた津波被害と、その後の復興が、東北関東大震災後の復興の最もわかりやすいモデルになるだろうということについて。

 「良い」ところはもちろん取り入れるべきだが、「悪い」面も学ぶべきだろう。

 復興時に巨大なコンクリートの防波堤で島を囲んだことから、まるで中世ヨーロッパの要塞のような景観を呈している場所もあるという。それまでの自然の景観とはかけ離れており、安全面を重視しすぎた結果、生活面・観光面での課題が強く浮かび上がった。

 また、「災害補償」によって多くの家屋が再建されたが、その後、「固定資産税の増大」に直面し、結果的に住むことができなくなって過疎化してしまった町もある。店舗なども同じく補償によって「立派な」建物が建設されたが、「固定資産税の増大」に加え、「客の減少」によって経済的に苦しくなってしまった。

 さらに「復興特需」を当て込んでの、悪質な建築業者の斡旋、企業と町の談合、賄賂等もあり、復興を指導する立場の人間が、賄賂などの罪に問われた局面もあった。

 再建はなされるべきだが、「再建後」のビジョンがないままではいけない。
 復興はなされても維持することが難しく、発展の道が狭まる場合がある。