2018年6月23日土曜日

【デビュー22年目の夏休み】

技術が蓄えられ、知識が増えると、技術や知識だけで書いてしまうようになる。
知らず知らずのうちに、だんだんと感性に欠けた執筆になってしまうことが、一番怖い。
感性が豊かに「みえる」文章を書いてしまってはよくない。
技術と知識があれば、ある程度、それっぽく書けてしまう。
ここ数年、それがずっと懸念材料であった。

筆力がつけばつくほど、それに頼るせいで、自分本来の感性が置き去りにされてしまうということがある。
感性を発揮し続けるには、感性を刺激せねばならない。
そのためには、未知の体験を己にぶつけてやるのが一番いい。
未知でいながら、心のどこかで希求していたことであれば、なおいい。
しかもそれが、二度とないくらいの体験であるなら言うことなしである。

そんなわけでデビュー22年目にして、初の本格的な夏休みをとることにした。
ちなみに連載原稿は五本とも終わらせた。
いまどき、旅をしながらでも原稿のやり取りができるではないか、無理に前倒しで仕事を片付けることもない、と思うむきもあろう。
ノー。
電波すらまともに届かないフルデジタルデトックスな環境こそ、感性を磨くにふさわしい。

そんなわけで。
北極に行くことにした。



ここだ。
北極海を越えて、この、北極点に立つ。
地球上最強の避暑地の一つといっていいだろう。
蒸し蒸しした梅雨時の日本から脱出する先としては最高の地に違いない。

そこは、全ての方角が南になる場所だ。
一休さん的にいう真の浄土、すなわち「みな身にある」場所の対局だ。
フェストゥム的な決戦の地だ。
そして、究極の北極出地だ。

おお、そうだとも。『天地明察』的にいう、北極出地の究極ではないか。
ならば、以前、対談の際にプレゼントして頂いた、江戸時代に作られたという、あれを持っていくべきではないか。



これだ。
重さ一キロ近くある、数百年前のコンパスだ。

こいつを持って北極点に立てば、全ての方角が南になるゆえ、針がくるくる回り続けるに違いない。
それは、渋川春海さんですら想像だにせぬ、ご明察な回転であるに違いない。

ただそれを見るためだけに。
ただ何もない光景を見るためだけに。
行こう。

いざ北極へ。
いってきます。

2018年5月22日火曜日



【エンディングテーマで】※本日の試写会※【腹筋崩壊した】

#デップー見た。
↑ハッシュタグとのことである。

本日、『デッドプール2』完成披露試写会にて席を用意して頂けると知り、『マルドゥック・アノニマス』の〆切直前だというのに猛烈ダッシュで駆け込んでしまった。
これはポップコーンが必要不可欠だと思ったがその通りだった。

二十世紀フォックスがディズニーに買収された際、「デッドプールは!? ディズニー映画になるのか!? それともなかったことにされるのか!?」と心騒いだ記憶は今なお新しい。
結論から言えば、まったくもってサウストン・ハウエル・デッドプール3世による、(略)の、(略)のための、映画であった。素晴らしい。名作をおちょくるなら手加減なしにやるべきだという見本だ。
これは、コメディであり、古き良きスラプスティックであり、仰天レベルで素晴らしいアクション映画だ。
世界81カ国で、この作品がのきなみトップを総なめする今の世の中も怖いが、しかし、やはり、かくあらんと思わされる。
これはまさに本格ディズニー映画……もとい、本格スーパー爽やかに下品でファミリー意識の高い痛快きわまる全世界向けディスりー映画であった。まさに現代世界が求める映画といっていい。
画像の「プレスキット」冒頭の特別メッセージからして秀逸すぎる。

これを読んでいるということは、本来の仕事をやらずに、打ち合わせを抜け出して気分転換でもするつもりだろう。まあ、もうちょっと何かやる気があるかもしれないな。

模範にしようと思ったほど、素晴らしいメッセージの冒頭だ。
とにかく最高だ。






2018年5月4日金曜日

【久々に】※本日のお知らせ※【更新】

冲方サミット・イベントのお知らせ。

『冲方サミットイベント 初夏の大告知祭!』開催!!!!
『2018年も、働いています! 新連載・新企画・新シリーズが続々登場! しかも麻雀まで嗜み始めた・・・・・・!? 
圧倒的な仕事量と〆切におびえるのは、作家なのか、編集者なのか・・・・!?  
作家・冲方丁先生とサミットメンバーたる担当編集(会社員)が、先生の活動近況をライブでご報告します! 
新Tシャツも作ったよ! お土産もあるよ!』 

というわけで久々の更新、久々のイベントです。
昨今のライブトーク会場の押さえられないことといったら。
SNSが大流行する一方、生イベント受容が高まっているのでしょうか。
適当にのらくらやっていた頃が懐かしい。
生の作家と会社員のぐだぐだしい集いに、来たれ精鋭たちよ。

イベントでの告知「予習編」。
今年のGW進行はひどかった。辛かった。よりにもよって各連載の〆切が4月にグランドクロスで大集合であった。一ヶ月で〆切が6回来た。書籍のゲラも来た。
スケジュールを組んだのが昨年10月。半年スパンで定めたため、18年3月まではこれで大丈夫、4月になったらスケジュールを更新しよう、などと考えた浅はかな過去の自分を異次元に追放したい。

※連載中 小説※
『麒麟児』
 維新・戊辰150周年企画。主人公は勝海舟。
 月刊「野性時代」KADOKAWA。

『月と日の后』
 道長の「望月の歌」1000周年企画(あとで気づいた)。主人公は中宮彰子。
 月刊「歴史街道」PHP。

『アクティベイター』
 アビエイター改めアクティベイター。掲載三日前に担当案でタイトル変更。ビエがクティベになりました。
 もし中国ステルス爆撃機が羽田に着陸したら。主人公は謎の警備会社職員、真丈太一。
 月刊「すばる」集英社。

『マルドゥック・アノニマス』
 もしウフコックがガス室でバロットと再会したら。主人公は金色ネズミ。そして不死鳥の少女が、成人女性となって参戦。 
 隔月刊「SFマガジン」早川書房。

『剣樹抄』
 もし水戸光國が辻斬りした相手の息子と出会ったら。主人公は「くじり剣法」の少年・六維了助と、水戸光國・三十歳。今回で三話目。
 月刊「オール讀物」文藝春秋(三ヶ月に一回の季刊掲載)。


※連載 コラム※
『あいなごむとき』
 和についてのあれやこれやを徒然なるままに書いております。名とか茶とか陰陽五行とか。
 月刊『なごみ』。淡交社。


※連載 コミック※
『蒼穹のファフナー』
 最新7巻、発売中。
 もはやテレビ・劇場・CDドラマ・ノベライズの総集完全版といっていいエピソード数を誇る『蒼穹のファフナー』コミカライズ。
 月刊『シリウス』講談社。画・松下朋未。

『十二人の死にたい子どもたち』
 コミックス2巻が5月7日(月)に発売。
 十二人の子どもたちが抱くそれぞれの思いが、お互いの死にたい理由を覆していく。いよいよ佳境。
 月刊『good!アフタヌーン』講談社。画・熊倉隆敏。

『光圀伝』
 第一話から再読可能、もちろん最新話も読めます。


おそらくこれで全部です。
何か忘れていたらイベント中に突っ込んで下さい。
刊行予定の書籍、仕込み中の企画、アニメについては、イベントで担当者がお話しするでしょう。


2018年1月10日水曜日

【蟹バリズム万歳】



――何ですかこの具沢山なテーブルは。
「蟹の手づかみ料理のお店です。シリウス担当N氏のお誘いで行ってきました」

 Catch the Cajun Seafood(キャッチ ザ ケイジャン シーフード)
 http://cajun.baycrews.co.jp/

「料理というより漁場みたいで正しいヴァイキング感に小躍りします」




――食卓というより解体現場に見えますが。
「手袋をして、千切っては食い、千切っては食いの大宴会。甲羅のトゲトゲが刺さって手袋に穴が空くのも構わず食らいます」
――医療用手袋とお洒落柄のエプロンがハイセンスですね。
「一応の防御はありますが、蟹の香りが染みついて食後も良い匂いがします。店内に手洗い場所がちゃんとありますよ」
――まさに蟹まみれ。
「そして食が進むにつれ、サバト感が」



――黒魔術の儀式ですか。
「甲羅を並べてなんか呼び出せそうな気になります。あと、添え物のポテトが……」



――これは……何かを思い出させますね。
「あれに似てるなと。本当そっくりだなと。楽しくなってしまって。同席した方々の中には観てない人もいるというのに、途中からその話題ばかり振ってしまいました」





「ごちそうさまでした」

2018年1月7日日曜日

【BiSH】我、清掃員となりて【SUGOI】



――こちらはなんですか?
「けっこう前に、アイドル好きのつわものに連れて行かれたイベントですね。BiSHです。とにかく良いと。曲も良いと。熱く語られて、ふんふんと聞いていたら、百聞は一見にしかずだ、ということになって」
――アイドルはお好きですか?
「いや、まったく知らないので、勉強しないとなあと思ってました。好きな人の話はよく聞くんですけどね。本広監督とか塩谷監督とか。二人ともアイドルの映画撮ったり、ライブのアニメーション提供したり、すごいなあと」


――これは?
「ファンの腕章です。ファンを清掃員扱いですよ。すごい感性だなと感心します」
――サミットでも試してみては?
「いや、どうやって(笑)。いや、シャツ売るくらいだからやってもいいのかな? いやいや、喜ばれるのか?」



――距離が近いですね。
「この距離感がね、僕が知ってるエンタメと全然違うんですよ。イベント後も一緒にチェキ撮ったり。接近感と親近感を刺激してくるというか。とんでもなく今さらですけど勉強になりました」
――撮ったんですか?
「撮りましたよ」



――異様に顔が硬いですね。
「初めてでどうしていいかわからず棒立ちです。写真見せたら店員さんに「今日からあなたはハシックスですよ、ふふふ」って言われました。ハシヤスメさんというお名前だからですね。ファンに愛称つけるのも面白くて。確かに百聞は一見にしかずです」
――このIDOLパーカーも持参?
「入り口でつわものに渡されて着ました(笑)。清掃員というか選挙の運動員みたいな気分でしたが、いろいろと刺激を受けました。確かに局もすごく良かった。楽しかったです」


2018年1月5日金曜日

【サイン大会】


――これは、アニメ『メイド・イン・アビス』のブルーレイボックスですか。
「黄瀬和哉さんがキャラデザをされていて。忘年会でお土産に頂いたおりに、サインしてもらいました。レグちゃん描いてもらってます」
――贅沢ですね~。
「原作も読みましたけど良いですよね~。ナナチ可愛いし」
――そういえばボンドルド卿に似てると言われましたね。
「いやいやヤバイやつでしょそれ。祈手に仕事手伝わせたいとは思いますが」

「攻殻のボックスにもサインしてもらいましたが、同席の方々がナマコの刺身の話をしてたのを聞いて、おもむろに素子の頭上にナマコを描き始めました。酔っ払いひどい」
――それはひどい(笑)
「そのうち『孤独のグルメ』もきっと描いてもらえるに違いないと信じてます」

2018年1月1日月曜日

【あけまして】2018【おめでとうございます】


あけましておめでとうございます!
2018年も邁進して参ります。
本年も何卒よろしくお願いいたします。


素敵年賀デザインBY ハヤカワ(ドジっ子)担当T