2009年11月29日日曜日

※本日の一言と記事※




その手があったか
 編集。『天地明察』のカバー・デザインを見て一言。極端なまでのシンプルさ、高い密度のデザイン。時代小説としても、いわゆるハードカバー全般においても、なかなかない特異な仕上がりの一冊となった、とのこと。帯も普通は使用しない若葉色の風合いであり、これが意外なほど、しっくり馴染んでいる。担当編集とデザイナーの渾身の力作に大感謝である。


さすがに気持ち上乗せしました
 角川書籍編集。『天地明察』のカバー・デザインおよび帯デザインを創案するまで多大な労力を要したことから、ギャラを上乗せしたという一言。決定寸前に至ってなお、比較検討のために「三パターン追加」、「コピー差し替え」など、大いにやらかしたらしい。


『明天察地』?
 嫁。中央の北斗七星の並びに従ってタイトルを読んだとのこと。そんな読み方をするのは貴様だけである。



ちっくしょう負けた
 角川書籍編集。『天地明察』の帯のコピーに、自分が考案したものではなく、書店さんの感想をそのまま採用したことについて。「これ以上のコピーはない」とのこと。冲方自身も、ちょっとこれはやられたと思った超剛「直」球である。大垣書店四条店の北住さんには多謝である。


ハグしてきました
 角川書籍担当。『天地明察』の帯コピーの原文を書いていただいた書店員さんとお会いした際の行動について。敗北を認めてこその成長である。



三百年以上も前の人が、本当に『勇気百倍』って言ったんですか?
 ライター陣。インタビューにおいて大てい聞かれることであるが、冲方と担当編集者が調べた限り、史実である。アンパ○マンのキャッチフレーズかと見紛うばかりで、冲方も本文に採用すべきか、しこたま迷った。いったいどのような当社比の百倍なのか調べても分からなかった。


カレンダー眺めて「これが日本の宗教だ!」と思う高校生って、だよ
 ライター。冲方が16歳のとき、『天地明察』の主人公・渋川春海について調べたきっかけについて。






みんな、「自分だけが面白いと思ってる」と思ってた
 角川編集。『天地明察』の連載前の編集者たちの心持ちについて。


みんな、「これを面白いと思うのは自分だけだ」と本気で思ってる
 角川編集。『天地明察』のプルーフ(書店用原稿)に対する書店さんの反響について。


正直、「これを面白いと思うのは自分だけだ」と思ってました
 冲方丁。『天地明察』の連載中のぶっちゃけ話にて。


みんな誰もが一生に一度は、『お前しかいない』と言われる機会にぶつかってる。そのときの経験が、渋川春海への個人的な感情移入のもとになってる
 角川編集。なんで「みんな自分だけがこの作品を好きだと思ってる」という状況が生まれるのかについて。



※※『天地明察』明日11/30発売※※
 渋川春海とは、冲方が16歳のときに出会った歴史上の人物であり、こうして一冊の本にするまでに実質16年かかった相手である。一度は徳間書店のSF誌で長めの短編『日本改暦事情』として書いたが、歴史を小説にすることのハードルの高さを前にして棒立ちという感じだった。今ようやくここまで書けた。どうしたらもっと書けるようになるだろうと思うと、またもや棒立ちである。これからの16年で答えを出すしかない。
 なお、歴史時代小説の最も面白いところは、校正・校閲において「根拠は?」の文字が大連発するところにある。安易な創作は連載・出版以前に激しく叩きのめされる。そうした「事実は小説よりも奇なり」とされる事柄に対し、それでもなお、いかにして「小説は事実よりも真実なり」を示すか。そういう真剣勝負を味わえる。そんな醍醐味を、今後も、しかと追い求めてゆく所存です。


デビューして13年かけてやっと作家になれました
 冲方丁。『天地明察』出版について、野性時代誌におけるインタビューにて。紛れもない実感であり、生まれて初めて名刺に「作家」と肩書きをつけた。


怒らないから入れて下さい
 角川書籍担当。冲方が「名刺に『作家』って入れてもいいですか」と訊いたことに対して。


面白いこと言うとブログに載っちゃいますよ
 ライター。『ダ・ヴィンチ』編集者に対して、冲方との会話について。


ああ、またしてもブログに貢献してしまうなんて
 スニーカー担当。面白いことを言ってしまった反省の一言。
※本日のお知らせと一言※




 いよいよ11/30『天地明察』、12/1『テスタメントシュピーゲル1』の発売。
 「作家・冲方丁」の新たな出発点であり、これまでの終着点であり、これからの折り返し地点である両作品。
 どうぞご賞味下さい。


本当に同じ人が書いてる
 ライター。取材時に『天地明察』と『テスタメントシュピーゲル1』の見本を冲方本人と一緒に並べ、手を叩いて笑いながら一言。

2009年11月21日土曜日

※本日のお知らせと一言※


ちょっとシンガポール行きませんか」
 プロデューサー。



http://www.animenewsnetwork.com/news/2009-11-19/i.g-plans-titan-rain-cg-anime-with-chevalier-ubukata


http://animeanime.jp/news/archives/2009/11/igtitan_rain.html


http://www.animenewsnetwork.com/press-release/2009-11-19/storm-lion-and-production-i.g-unveil-titan-rain-a-new-international-animated-feature-film-project



ちょっと(゜Д、゜)
 冲方丁。現在、シンガポールで開催中の「Anime Festival Asia's Animation Asia Conference 2009」におけるProduction I.GとStorm Lionの記者会見の内容がうっかり即日速報されたことにより、「それでいつ帰れるんだね君は」と色んな人からかかってきた国際電話への一言。

2009年11月17日火曜日

※本日の一言 取材インタビュー特集※

下手に笑わなくても大丈夫です
カメラマン。『天地明察』刊行直前ということで取材撮影時の一言。笑顔に上手下手がある世界というのはいまだに緊張する。


一本取られてます
 編集者。色紙にサインした際に一言。「冲方丁拝」の『』の横線が三本だったことについて。その言い方に一本取られた感じがする。


だけ出すのよしなさい
 角川文芸担当者、スニーカー担当者に。取材中に邪魔にならないようにとソファの陰から顔だけ出してこちらを見ていたことについて。余計に存在感が増すシャイな姿勢である。


草食系男子にはたまらない
 ダ・ヴィンチ取材時ライター。『天地明察』のヒロイン役について。いつの間にかどこでもツンデレ草食系といった単語が普及していることに驚かされる。


は心の傷をふさぐ
 角川文芸担当者。取材後の食事の席にて、激励とともに上海ガニを振る舞ってくれた際に。


大人だ
 スニーカー担当者。「上海ガニ」も「心の傷」も、大人でないと味わえないものだというヤングの喫驚である。

2009年11月12日木曜日

他人事とは思えない
 冲方丁。食事に行った店のテーブル横の窓枠に刻まれた二つの落書きについて。






2009年11月11日水曜日

旅の続きを
 メディアファクトリー編集担当、留守電のメッセージにて。
 どういうことかと思ったら、『ストーム・ブリング・ワールド②』の方も発売後十日足らずして増刷とのこと。「出し直したら売れたよ」というのは、今回の新装版が珍しいほど豪華であるというのが確かである一方、過去の作家の未熟さにも起因するので、ぐうの音も出ません。六年前のリェロンとアーティと読者に、本当にごめんなさいと言うほかない。実に忸怩たる気持ちでありますが、新たに彼らを愛して下さる読者がいることに、大なる感謝を申し上げます。とはいえ続きは…。うーん。



今最もオタクに優しい街、仙台
 フィギュア・プロデューサー。例のバサラなゲームやアニメの恩恵を互いに最も享受している色んな意味で歴史的な都市である。知事選のポスターはバサラ一色である。知事選のキャンペーンすらバサラである。都市興しバサラである。都市の至るところに(C)表記でゲーム会社やアニメスタジオの名前が見受けられる。なんとも抜け目のない都市行政であり、とんでもない数の観光客の獲得に成功している。
 おそるべし仙台。他の東北都市にないものがある。 見習うべしである。
 なおシュピーゲル・フィギュアは大いに発展中であり、プロデューサーの並々ならぬ熱意に脱帽である。発表に乞うご期待。

2009年11月5日木曜日

※本日の一言※

えーか、福井の県境にはな、原発が爆発したとき出てくるが隠れとるんや、怖いなァ
 別冊少年マガジン・担当の。当時小学生だった担当氏に、姉が語ってくれた福井県の秘事である。
 なお担当氏は子供心に「それはないだろ」と思っていたらしい。
 それにしても壁で何を防ごうというのであろうか。凶暴化した県民を閉じ込めるためのシャッターだったりすると、ミラ・ジョヴォビッチが大活躍する三部作の映画を彷彿としてしまう。


50点
 大今良時さん。担当氏のネタ振りの評価について。打合せが始まるまでは80点だったが、僅か一時間ほどで30点ほどマイナスになった。担当氏のその後の盛り返しに大いに期待したい。

2009年11月3日火曜日

※本日の記事 漫画『スプライトシュピーゲル』 画・さめだ小判※

『吹き出しに好きなセリフを入れよう』
(乙・アリステル・シュナイダー
 月刊ヤングキングアワーズ誌
 『スプライトシュピーゲル』
 #2:DRAGONFLY GILR(前編)より)

 

 親近感と違和感をミックスさせることができる人だから絵で食っていける。そのことに単純に感心させられる。
 普遍的な可愛さというものはあるようでいて、ありえない。「可愛い」という言葉の意味自体、千変万化してとらえどころがない。それは、たまたま成り立つ観念である。幾らでも語れる反面、真面目な努力よりも馬鹿馬鹿しさが勝るときもある。そういうものと格闘するというのは、第三者が思うよりもずっと、律儀さと誠意が必要な作業だ。
 しかも今回とんでもなく大変な状況下で、28ページを仕上げて下さった。さらには多岐にわたる調整と試みを繰り返すことで、常にリアルタイムで作品をより良くしていく。きわめて限られた時間の中で、それをやり続けられる人は本当に少ない。大いに頭が下がる。
 ついては、第二話登場の乙(ツバメ)は個人的に『さめだキャラ・最・可愛い賞』を受賞するはこびとなった。
 おめでとうございます。
 また現在、冲方の『最・個人的お気に入り賞』はバロウ神父が獲得している。受賞の主な理由は、可愛い女の子を描くと同時に、静穏不動のじじいが描ける人はそういないという点である。また、じじいの隣に立つ金髪碧眼の少年が純朴に描かれるところも高評価につながった。我ながら困った嗜好だ。
 今後、三人目の特甲「自爆」少女・雛をはじめとして、ひねくれ接続官の少年・水無月、幽霊女課長シャーリーン、戦術班の野郎ども、原作『スプライトⅡ』の老日本人モリサン、トラクルおじさんなど、今から登場が楽しみである。
 次号第三話は連載開始早々の二度目のカラーの予定。
 大いに期待である。

2009年11月2日月曜日

※本日のお知らせと一言  なぜか字体がこうなってしまう※


忘れることなど出来ません
 イラストレーター。先日の『鉄砲玉伝説』についての反響のうち、最も熱かった一言。ではぜひメモリアルなものを一つお願いします。というより忘れて下さい。





作家が今、他にどんな仕事を
抱え込んでいるか把握するのは
編集者の重要な仕事だ
 角川・編集長。編集会議にて編集者たちへの訓辞として告げたという一言。「気づいたら予想外の仕事をしている作家とかもいるしさ」と担当が何やらしみじみ話してくれた。









『Eat Lead マット・ハワードの逆襲』
開発:Vicious Cycle Software
ジャンル:コメディ・サードパーソン・シューティング
発売:今冬予定
価格:7140円
オフラインプレイ:1人
ローカライズ:テキスト・音声、全て日本語
XboxLive:非対応
台詞アレンジ:冲方丁

http://gs.inside-games.jp/news/170/17074.html
http://gs.inside-games.jp/news/178/17803.html



つい(゜Д、゜)
 冲方丁。ストレス発散と称し、いつの間にかゲームの翻訳アレンジ(いったんアメリカ側で邦訳されたものを原文を考慮しつつ加筆修正)などしていたりしたことについて。『セガガガ』以来の久々のパロディ作品であり、とっても楽しく色々と発散できました。どうしても分かりにくい、英語のイントネーションによるパロディなどは大幅にアレンジしておりますが、なるべく笑いどころの意図が通じるよう努めたつもりです。なお主人公の声を演じるのは、あの『24』でおなじみ小山力也さんらしいです。大いに楽しみ。


失礼かと存じますが、他に適任者が見当たらず途方に暮れている状態です
 D3P制作プロデューサー。『EatLead』翻訳アレンジ打診の際に。こんなことを述べられたら思わずやってしまう一言である。