2018年5月4日金曜日

【久々に】※本日のお知らせ※【更新】

冲方サミット・イベントのお知らせ。

『冲方サミットイベント 初夏の大告知祭!』開催!!!!
『2018年も、働いています! 新連載・新企画・新シリーズが続々登場! しかも麻雀まで嗜み始めた・・・・・・!? 
圧倒的な仕事量と〆切におびえるのは、作家なのか、編集者なのか・・・・!?  
作家・冲方丁先生とサミットメンバーたる担当編集(会社員)が、先生の活動近況をライブでご報告します! 
新Tシャツも作ったよ! お土産もあるよ!』 

というわけで久々の更新、久々のイベントです。
昨今のライブトーク会場の押さえられないことといったら。
SNSが大流行する一方、生イベント受容が高まっているのでしょうか。
適当にのらくらやっていた頃が懐かしい。
生の作家と会社員のぐだぐだしい集いに、来たれ精鋭たちよ。

イベントでの告知「予習編」。
今年のGW進行はひどかった。辛かった。よりにもよって各連載の〆切が4月にグランドクロスで大集合であった。一ヶ月で〆切が6回来た。書籍のゲラも来た。
スケジュールを組んだのが昨年10月。半年スパンで定めたため、18年3月まではこれで大丈夫、4月になったらスケジュールを更新しよう、などと考えた浅はかな過去の自分を異次元に追放したい。

※連載中 小説※
『麒麟児』
 維新・戊辰150周年企画。主人公は勝海舟。
 月刊「野性時代」KADOKAWA。

『月と日の后』
 道長の「望月の歌」1000周年企画(あとで気づいた)。主人公は中宮彰子。
 月刊「歴史街道」PHP。

『アクティベイター』
 アビエイター改めアクティベイター。掲載三日前に担当案でタイトル変更。ビエがクティベになりました。
 もし中国ステルス爆撃機が羽田に着陸したら。主人公は謎の警備会社職員、真丈太一。
 月刊「すばる」集英社。

『マルドゥック・アノニマス』
 もしウフコックがガス室でバロットと再会したら。主人公は金色ネズミ。そして不死鳥の少女が、成人女性となって参戦。 
 隔月刊「SFマガジン」早川書房。

『剣樹抄』
 もし水戸光國が辻斬りした相手の息子と出会ったら。主人公は「くじり剣法」の少年・六維了助と、水戸光國・三十歳。今回で三話目。
 月刊「オール讀物」文藝春秋(三ヶ月に一回の季刊掲載)。


※連載 コラム※
『あいなごむとき』
 和についてのあれやこれやを徒然なるままに書いております。名とか茶とか陰陽五行とか。
 月刊『なごみ』。淡交社。


※連載 コミック※
『蒼穹のファフナー』
 最新7巻、発売中。
 もはやテレビ・劇場・CDドラマ・ノベライズの総集完全版といっていいエピソード数を誇る『蒼穹のファフナー』コミカライズ。
 月刊『シリウス』講談社。画・松下朋未。

『十二人の死にたい子どもたち』
 コミックス2巻が5月7日(月)に発売。
 十二人の子どもたちが抱くそれぞれの思いが、お互いの死にたい理由を覆していく。いよいよ佳境。
 月刊『good!アフタヌーン』講談社。画・熊倉隆敏。

『光圀伝』
 第一話から再読可能、もちろん最新話も読めます。


おそらくこれで全部です。
何か忘れていたらイベント中に突っ込んで下さい。
刊行予定の書籍、仕込み中の企画、アニメについては、イベントで担当者がお話しするでしょう。