2018年5月22日火曜日



【エンディングテーマで】※本日の試写会※【腹筋崩壊した】

#デップー見た。
↑ハッシュタグとのことである。

本日、『デッドプール2』完成披露試写会にて席を用意して頂けると知り、『マルドゥック・アノニマス』の〆切直前だというのに猛烈ダッシュで駆け込んでしまった。
これはポップコーンが必要不可欠だと思ったがその通りだった。

二十世紀フォックスがディズニーに買収された際、「デッドプールは!? ディズニー映画になるのか!? それともなかったことにされるのか!?」と心騒いだ記憶は今なお新しい。
結論から言えば、まったくもってサウストン・ハウエル・デッドプール3世による、(略)の、(略)のための、映画であった。素晴らしい。名作をおちょくるなら手加減なしにやるべきだという見本だ。
これは、コメディであり、古き良きスラプスティックであり、仰天レベルで素晴らしいアクション映画だ。
世界81カ国で、この作品がのきなみトップを総なめする今の世の中も怖いが、しかし、やはり、かくあらんと思わされる。
これはまさに本格ディズニー映画……もとい、本格スーパー爽やかに下品でファミリー意識の高い痛快きわまる全世界向けディスりー映画であった。まさに現代世界が求める映画といっていい。
画像の「プレスキット」冒頭の特別メッセージからして秀逸すぎる。

これを読んでいるということは、本来の仕事をやらずに、打ち合わせを抜け出して気分転換でもするつもりだろう。まあ、もうちょっと何かやる気があるかもしれないな。

模範にしようと思ったほど、素晴らしいメッセージの冒頭だ。
とにかく最高だ。