2017年2月12日日曜日

谷口ジロー作品

本日の本棚。

先日ネットで訃報に接し、哀悼の意とともに、もう長いこと本棚に置かれ続けている作品群を手に取りました。

「BENKEI IN NEWYORK」のダークな都市描写も、「孤独のグルメ」のユーモアも、夢枕獏先生原作の「餓狼伝」「山嶺の神々」の熱量も、どれもこれも愛してやみませんが、ここでは過去の日本の風景を描き出す「明治流星雨」「風の抄」を挙げたい。

谷口ジロー・関川夏央、両先生タッグの作品に初めてふれたのは「明治流星雨」(全五部)で、確か自分がデビューした頃のこと。作家を志す者として、美しい構成とセリフに惹かれる一方、わけのわからないほどの画力と、わけのわからないほどの人物達の目力に、すっかり引き込まれた。
文も絵も、細部に注目しながらカメラ自体は後方へ置く。ただ俯瞰するのではなく、人と風景を、ひとつながりの生きたものとしてとらえる。言うは易しで、どうしたらその視点の置き方、距離感を学べるのかと、何度となく読み返してきた。

「明治流星雨」の序盤、夏目漱石が「無用の人」となる晴れ晴れしさを思いつつ、今は、幸徳秋水の背を描いた第四部につい手が伸びる。全編を通して、目標を失った国家の苛立ちと騒擾をきたす民衆を背景に、文筆を頼りに生きる者達が混乱と先鋭へ向かう様が描かれる。
何か、現代の鏡写しのようだ。

「風の抄」では初めて「黒鍬」という言葉を知った。戦場で死者を埋める役を担ってきた者達だ。以来、ことあるごとに「くろくわもの」を書きたい、と思い続けている。
(昔、富士見書房で書いた「カオスレギオン」でその要素を入れ、タイアップ中のゲームと異なる設定になったが、担当編集者の尽力とゲームのプロデューサー側の寛容のおかげで、望み通り書かせて頂いた)

様々な作品を通して多くを学ばせて頂きました、谷口ジロー先生のご冥福をお祈りします。

2017年2月6日月曜日

本棚ご紹介

【冲方丁のつくりかた お試しブログ版 その1】
前回のサミットにて企画総選挙第三位となった「本棚紹介ネタ」を、お試しブログ版としてやってみることにしました。

おびただしいまでの資料の山が日常的に来ては去る執筆の現場で、過去20年にわたり本棚に残り続けた、本、CD、DVD、画集などを、不定期にご紹介。

第一弾は、題して「始まりの本」

トップバッターは、インタビューなどでしょっちゅう口にしている、これ。
『デイリーコンサイス和英英和辞典』(1980年版)



幼・少年期に父の仕事の都合で海外に暮らしていた際、娯楽品がなかなか手に入らない生活で、ほぼ「読書」として辞書のページをめくっていました。
インターナショナル・スクールに通う上での必需品でしたが、いつしか英語と日本語の比較、言葉と言葉のつながり、一つの意味が別の意味を生み出す言葉の不思議など、「言葉への興味」をかき立てられた一冊。

画像はその辞書で、もうぼろぼろ。これが、とある記事で紹介された2009年、発行元の三省堂さんが、当時最新の『デイリーコンサイス和英英和辞典 第七版』を贈って下さいました。
おかげさまで、今も変わらず「愛読書」となっております。



二つ目は、デビュー以来、最高の教科書として読み続けている本。
『神話の力』



デビューした1996年、自分のよりどころとなる「何か」を求めてのたうち回っていた時期、スティーブン・キング風にいえば「かがやき(シャイニング)」のように突如として現れ、進むべき「どこか」を示唆してくれた一冊。
年を経るごとに理解が増し、今なお自分の背骨となってくれている本です。

あまりにしょっちゅうインタビューなどで紹介し続けたせいか、最新文庫版では解説を書かせて頂くことに(おお、まったく恐れ多い)。
キャンベルの研究は、数々の学問や芸術に影響を与え、身近なところでは、『スター・ウォーズ』やディズニー映画の物語群に多大なインスピレーションとノウハウをもたらしたといいます。
おそらく二十世紀を代表する本の一つとして残り続けるでしょう。

今読むなら、下記の本とあわせて読むのがお勧め。
『千の顔をもつ英雄』 上下
『サピエンス全史』 上下

人類はいかにして「想像力」を手に入れ、その恩恵の輝きと、呪縛の闇の中で暮らしてきたか。
今ここにいる我々が、至福を追及する上で知っておくべき「物語」とは何か、といったことが、余さず語られています。