2017年1月22日日曜日

続・出版指標



【続 出版指標年報を読んでみた】
カオスな本棚の絵が可愛い、「全国出版協会・出版科学研究所」が発行する『出版指標2016年版』。

病気療養にベッドでごろごろしながら読む。
当然のことながら示唆に富んでいるので、備忘録的にメモしてみよう。

「取次経由の出版販売額――ピーク時から1兆円規模で減少」
たまさか僕がデビューした1996年をピークとして急減。
94年~98年の販売額が2兆5千億円以上であったのに対し、2015年は1兆5千億円。
成長産業であった出版が、30年前の1980年代前半の水準にまで下がったことがわかります。
08年までずんずん下がっていましたが、リーマンショックに加えて東日本大震災があったせいか、09年以降の下がり方は加速的。
いまや転換点を迎えているといっていい。

「出版概況」
『多様な本が売れて』おり、ネットで拾った知識を『掘り下げたい』ときの需要としての書籍が堅調。
娯楽性の高い文庫本はのきなみ不振に。

「雑誌は不振が続く」
『若い読者向けの雑誌がまったく登場しないということは、出版社側も若い人が雑誌に関心を持っておらず、市場性がないと見切っている』と指摘。
雑誌全般の部数減により、雑誌販売を柱としていた、『中小書店の廃業が止まらない』。

「電子出版の市場は1,502億円」
縮小傾向のDVD市場と、だいたい同規模にまで電子出版が成長してきた。
電子出版の成長はコンテンツ主導ではなく、読み放題などサービス主導で大幅増。

「ノウハウ本が盛況」
『自己啓発書・生き方本からヒット続々』となり、ジャンルが細分化。
片付け本ブームが日本のみならず欧米にも広がるなど盛況。
15年にヒットしたテーマは、『所有物を減らし暮らしをスリムにすることで、思考がクリアになり、人生もうまくいく』というもの。

「ムックは半分以上が返品」
『返品率、ついに50%を超える』
雑誌社の定期雑誌が不振であることから、売り上げ補完のためムックの刊行点数を増やすも、書店の棚スペースの限界などにより、『供給過剰の状態』に。

「コミック市場規模は紙+電子で4,437億円」
『紙の落ち込みを電子が補完して』、4,000億円規模を保持。

「コミックではメディアミックスの効果減」
映像化作品点数は『前年より10点ほど少ない180点』で、『映像化作品の返品増が目立った』とのこと。

コミック誌は新たなコンテンツを生み出す場として必要不可欠である一方、コミック作品へふれるポイントが多様化し、『コミック誌を定期的に購読する習慣は失われつつある』と指摘。

「趣味・スポーツ・経済の雑誌の出版傾向」
・好調
『IoT、人工知能に注目集まる』
『読書術、情報整理術本の人気継続』
『アドラーブーム拡大』
『昭和天皇実録』ヒット
『鉄道雑誌、軒並み好調』
『ラグビー関連誌が絶好調』
『株関連・マネー誌好調』
『ミドルエイジファッション誌好調』
『20~30代ファッション好調』
『「妖怪ウォッチ」関連付録で小学館の学年雑誌が健闘』

・不調
『女性誌、全体で8.6%減』
『幼児誌が苦戦』
『パチスロ誌マイナス傾向』
『新車情報誌、4年ぶりのマイナス』
『歴史雑誌が大幅減少』
『アダルト誌低迷』
『タウン誌も休刊・刊行変更相次ぐ』
『嫌中・嫌韓』特集、反応下がる。

これくらいで。
こうしたデータ分析はいずれも結論ではなく前提。実地に現場を知り、どう理解し、どう動くかが重要だと冒険投資家のジム・ロジャースさんなども言っていますね。
貴重なデータから、次の10年を見据える『指標』を探すことにしよう。

なおこの年報、上記以外にも多種多様な出版物の分析に加え、CD・DVD・BDや他ジャンルについても網羅されている他、日本全国の文学賞・新人賞も記載されています。

作家志望の方々は、この年報を読み、業界の現状や、自分が好むジャンル、書きたいと思っている作品がどんな市場に置かれるかを知った上で、原稿を送るべき新人賞を選ぶのも良いのではないでしょうか。

【公益社団法人 全国出版協会 出版科学研究所 通販HP】
http://www.ajpea.or.jp/book/0-2016/index.html