2014年4月8日火曜日

【審査】

『宝島社・第10回日本ラブストーリー大賞』の審査員をすることになりました。
http://japanlovestory.jp/outline

ラブストーリーのみの作品を書いたことなど滅多にない作家ですが、今回から応募作品の枠を広げるエンタメ的拡大を目指すとのこと。それなら多少の貢献ができるかもしれないとお引き受けしました。

「こんなのもアリだ!」といったことを公言するとそれだけ好みの作品が来るかもしれないそうで、ならばさっそく最近の個人的な好みを列挙してみる。


『ウォーム・ボディ』(映画)
http://dead-but-cute.asmik-ace.co.jp/
ゾンビの青年が少女に恋をしたことで、文字通りかつ違う意味で「ハートウォーミング」な展開に。恋が世界を変えるダイナミックさが痛快でした。


『羊たちの沈黙』(小説/映画)
トマス・ハリスの原作も、ジョナサン・デミの映画も再勉強中。レクターへの畏怖・嫌悪・警戒そして敬意が入り交じるスターリングの描写は、今読んでも唸ると言うより呻いてしまう。
続編の『ハンニバル』のラストは小説より映画の方が好み。


『SIN CITY the movie』(映画)
http://www.sincitythemovie.com/
 
フランク・ミュラーの原作も素敵。アメリカン・コミックらしいハードコアな愛に頭から飛び込んでいく男どもをここまでよってたかってノリノリで撮るのかとあっけにとられてしまった。


『平原の町』(小説 コーマック・マッカーシー)
徹頭徹尾、王道中の王道を貫きながら、異次元としかいいようがないすさまじさに圧倒されました。娼館のあるじと主人公の決闘シーンは、B級アクションものが変態して芸術になる瞬間を見せつけられた思いがします。


『僕の地球を守って』(漫画)
いまだに書棚に全巻陳列しています。改めて読むと、「7×2+α」という尋常ではない数の主要人物を、よくここまで念入りに織り込んだものだと驚かされます。「学園×前世×SF×超能力×ラブストーリー×たまにヤクザ」と、ジャンル横断感がとにかくまあすごい。
「前世」のせいで恋した相手との年齢差に苦しむ輪の描写がいまだに好きです。


とにかく面白いものが読めることを期待しております!


2014年4月4日金曜日


【!!(゜Д、゜)】

「なんかすごいの見ました」と仕事の席で言われて実際に見たらすごくてびびりました。

【MMD】雛 - galaxias!【スプライトシュピーゲル】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22594018


これどうやって作ったの!?ていうかなんで!?
プロ? 誰? むしろこういう構造だったのか特甲!
すごい!!なんか自分も作りたい!!ていうか書きます!(゜Д、゜)

2014年4月2日水曜日

【本日の失せモノ出でにけり】

○京都・泉涌寺の『はなとゆめイラスト展』へお越し下さった方々ありがとうございます。

けっこう前に福島の家を片付けていたら十代の頃に描いた絵が出てきたので写メって角川書店さん担当のダッチーさんに見せたところ「ブログのネタとかにしたらいいんじゃないですか」と、昨今のブログ更新度の低空飛行ぶりを指摘されたのでネタに載せてみることにしました。



 
漫画の練習をしていた頃なので16~17歳頃?
『ベルセルク』第一巻を模写して心が折れて漫画家は無理だとあきらめました。
お金がなかったのでトーンとかGペンとかあんまり買えませんでした。
ケント紙とか漫画用原稿用紙とかも貴重品だったなあ…。
 
 
 
 
 
確か『梅の花』という課題で描いた記憶が。
お金がないので筆ペン一刀流でござる。
正直、何を考えて描いたのかさっぱりわからぬ。
 
 


 
なんかのファッション誌を参考にした記憶が。
お金がなかったので筆ペンとボールペンの二刀流でござる。
いや、赤色ボールペンもあるので三刀流か。
金はなくとも根性だけはあったようですな。
しかし耳でかいな。
 
 

 
お題は『花』だった記憶が。なぜポン刀で女蛇なのか。
エキドナで威嚇か。つまりモラトリアムか。とパズドラ的に解釈してみる。
ホワイトなどという贅沢品は購入不能であったゆえ
筆ペンとボールペンの二刀流でござる。
 
 
 
 
 
 

 
確かお題は『自画像』だった記憶が。
「こりゃ病んでますね」と担当ダッチー氏の適切な感想を頂きました。
ボールペン&筆ペンの二刀流につき、
たぶん、手が痛くなるつど交換して描いてたんだと思われます。





 
京都の修学旅行で阿修羅像を見たことは覚えている。
なぜ修学旅行の思い出がこれなのか理解できない。
それと明らかに筆ペン一刀流であるゆえ、
ホワイトとか買えねえよ高価すぎるよ、
という心の叫びが聞こえてきて辛い。
 
 
 
あの頃、フォトショップがあれば使っていたのか。
それとももっと早く諦めて小説を書いていたのか。
ブログとは若かりし頃の恥すらネタにせねばならないのか。
 
 
解せぬ問いはさておき仕事しよう。