2012年4月27日金曜日

【本日のお知らせ】

とっても面白い対談をさせていただきました。

あおものくんの育て方 野菜の気持ちになれば、うまくいく。
澤田 直子 (著)  講談社
●フェイスブック http://www.facebook.com/aomonokun
●講談社サイト http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=217149X

まさか、女子大生と野菜の話だけでこれほど盛り上がるとは。
楽しいひとときでございました。
マイ畑には癒されますね。



【本日の反省】

先日は不覚にも、一方のプロパガンダに参加するような文章を書いてしまい、反省。
とはいえ、記事を削除する気になれないのは、やはり腹が立っているからなのです。
とはいえ、原発推進にも脱原発推進にも、いささかたりと加わる気はなく、十年後の理性ある世の中を求めるばかりなのです。
(ドイツは国を挙げて脱原発推進中)

が、
「東電から農家に支払われる補償金に、課税する
とか、
「とある中小企業が自家発電に切り替えたところ、電力会社から監査と称する人が来て、まるで電力消費量を減らしてはいけないし、そんなことするなら電柱からの送電も止めますよ、というようなことを言って帰って行った」
とか、
そんな腹が立つ話を、少しは放言したい今日この頃なのである。





2012年4月22日日曜日

【本日の一言とYOU-TUBE】

更新がないよと指摘をされたものの、腹が立つことが多くて困ったものなのです。
更新すると、こういうことを書かずにはおれないのです。


フクシマの嘘 ドイツZDF(国営放送)
http://www.youtube.com/watch?v=8MZKxWLruZQ&feature=related

:インタビュアー「原発を日本で稼働させるだけの心構えが、東電にできていると思いますか?」

:東電・災害対策部・責任者「それは答えるのが難しいですね

こうした番組を、NHKや民放ではなくYOU-TUBEでしか見られないことにがっかりする。
中国の検閲を笑えないし、北朝鮮の報道政策をまったく笑えない。

原子力ムラが、科学の粋を極めた永劫不滅の原発を建設するなら文句は言うべき筋合いはないが、近年、崩壊予定っぽいと言われれば、さらにがっかりです。


8万円
東電。ああ、やっぱりですね、という感じの補償金額です。受け取ることによって、もう東電には補償責任はなくなりますよ、という暗黙の主張とともに、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんという感じの、まったく申し訳ないと思っていなさそうな葉書が来ましたよ。
 
とりあえす、くそったれ・ローンが残っている・子供を育てる予定だった・我が家を、丸ごと買い取って欲しいものですな。


除染の仕事もっと回してくれよ
飲食店にて。めっきり増えましたね、土建関係の暴力団組員の方々。とにかく大声で話すので、すっかり聞こえます。「若い衆回すから、もっと仕事くれよ」だそうです。「うちの若い衆は放射能くらいじゃ死なないよ」とかなんとか。死ななくても病気になるかもしれませんね。
東電からしてみれば、正規の専門家ないしは社会保険が適用される人員を雇うことに比べ、何十分の一かの金額で済んでいるんだろうなあ、と思いました。


パトカーだらけ
飲食店にて。他県からものすごい数の応援が来ていることが、普通に暮らしていてもわかります。ご飯を食べに行った帰り道、なんだかわかりませんが、覆面パトカーに何㎞もあとをつけられました。何がしたかったんだろう。