2012年1月23日月曜日

☆本日のニュースびっくり☆

腰痛でエビのように丸くなっている間に、円城塔さんが芥川賞を受賞していたでござるよ。オメデトーゴザイマス!!(゜Д、゜)

一度だけ、イベントの折に会場の廊下ですれ違った際、早川書房の「塩」さんからご紹介され、ご挨拶したことがあるだけなのですが、誠実そうな人だなあ、と思ったのを覚えてます。
伊藤計画さんのことにも言及されていて、ああ、やっぱりクリアな人だなあ、となんだか嬉しくなりました。

また、同時に受賞された田中慎弥さんとは面識はありませんが、会見の記事を読んで、びっくりするくらい悪意のない棘を出す人だなあ、とこれまた感心しました。
個人的には公的な場での暴言は好きではありません。(自分モヤッタカラネー(゜Д、゜))
でもこの発言に限っては、不快に思った人の方がむしろ少ないんじゃないでしょうか。
あんなふうに、全身全霊で棘を出すのは、バカがつくくらい真面目な人がやることでしょう。

対する都知事の態度は・・・都政に打って出たときの「カッコイイゼ、石原!」と若者が喝采したあの人は、どこいっちゃったんだろう。
信念と時代と、折り合いがつかなかったからか、つけちゃったからか、なんだかわからないけれど、それこそ悪意のない棘を全方位にぶっ放して最終兵器扱いされていた頃の都知事だったら、自分の子供より若い世代を相手に、大人げない恫喝じみた言葉を口にして不快な印象を残すようなことはなかったと思うのですよ。

仕方ナイネー、キット事情アルンダローネ(゜Д、゜)

久々にニュースサイトを閲覧していたら自分が健康になってきた気がした。ガンバルゾー(゜Д、゜)


あと個人的に、虚淵玄さんが文芸で芥川賞とか面白いんじゃない、と勝手に思いましたよ、どうですか。
☆本日のていたらく☆

絶賛・絶不調シリーズ、いよいようんざりするので最終回と思いきや、よもやの新展開。

今度は肝臓がキテるようでござる・・・ORZ ウッソーン(゜Д、゜)

というか、もともとが、
「もろもろの負荷→自律神経失調→胃と肝臓に負荷→血の量が低下→覚醒時間が長いので脳にばかり血を取られる→からだがこわばる→ぎっくり腰→体調不良の総合デパート化→鎮痛剤など飲み過ぎ→ますます胃と肝臓に負荷→両手の爪に縦縞模様とか、胸や腹の皮膚が一部黄色くなってんじゃないのこれ?(肝機能低下の前兆とのこと??)」
という流れのようです。

つまり、何か? ここからは、健康になることが戦いなのか・・・? オオ、未体験ゾーン(゜Д、゜)

そういえば震災前に受けた人間ドックの結果が「要再検査」だったことを今さら思い出したでござる。

2012年1月22日日曜日

☆本日のていたらく☆

ようやく長時間の座り姿勢に耐えられるようになったものの〆切を巡る攻防は、まさに指輪物語においてゴラムがフロドを評した言葉、「あいちゅ、なかなか油断できないでちゅよ、ほんと憎らしいでちゅね、いとしいしと」を彷彿とさせる状況なのであった。

その上、光圀伝である。おお、光圀伝。書けども書けども終わらぬ天涯のパンナコッタ。
いくたび覚悟を決めて立ち向かおうとも、まるでMWシリーズWaW(*)のゾンビ・プレイ・オン・ラインにおけるハテナ・ボックス(**)が、火炎放射器とパンツァーファウスト(***)しか出さないと固く誓ったかのような辛さである。

(*)『Modern Warfearシリーズ World at War』
(**)廃墟に立てこもって襲いかかるゾンビをオンラインの仲間たちと撃退するミニゲーム。ハテナ・マークの箱からはランダムで様々な武器が出てくる。
(***)まさにゴラムの箴言、「つかえないでちゅ」を地でいく武器である。


辛いぜハイホー!!(゜Д、゜)
幸せはアルイテコナイン!!(゜Д、゜)

2012年1月21日土曜日

☆本日のていたらく☆

炎症剤と鎮痛剤のせいか、腹痛がひどいでござる イッテー(゜Д、゜)

もはや厄落としと言わんばかりの非道いありさまでそうろう イタスギ、ネムレマセン(゜Д、゜)
☆本日のていたらく☆

ようやく座れるようになりました イタイヨー(゜Д、゜)

前代未聞の〆切のやばさに変な笑いがこぼれますよウフ モーダメ(゜Д、゜)

ツイート返信して下さった皆様に多謝 アリガトーゴザイマス!!(゜Д、゜)

2012年1月16日月曜日

☆本日のていたらく☆

突如として襲いかかる立てないくらい電撃的な腰痛を、自動筆記調で書いてみる(゜Д、゜)

仕事場まで二メートルほど這いすすみ、アイスコンタクト揺れが収まる頃には鍋底のサンダンスをかき分けて調子が良い。が、部屋中央に敷設された布団はテクストとしての優雅さで劣るものの、うつぶせのアルマジロは平常心を試みているはずだ。なにより左右に身をひねる以外は、つぶやきとて見て取れぬ白昼のシャッターである。四切れのピザは遙か彼方で眠りについているし、十字ボタンの四輪駆動ぶりには目をみはるものとてロケットだ。


ストーブの灯油、ペットボトルの水、昨日のピザ、どれかが切れたら階段を下りねばならぬ家族不在のこのシチュエーション。

階段。おお、階段。果てしなく困難な天涯のシニョーラ。お前はまさにステップ。段差。真っ逆さま。こけたらアウトのワン・ツー・スリー一挙公開。期待に胸ふくらむバスタークォーター。

布団とは名ばかりの、かろうじて運び込むことができた毛布の間欠泉。

なんてスリリングな「腰撃」が実行されんとしていることでしょう。

シゴトニナンナーイ(゜Д、゜)

2012年1月11日水曜日

☆本日のご紹介☆

**その1 タグ速報**
株式会社アーガイルさんは、冲方サミット・ツイッター【@ubukata_summit】や、マルドゥック公式ツイート【@mardock_sc】のキャンペーンなどでお世話になっている、おもしろおかしい素敵な会社です。

そんなおもしろおかしい会社が作った、おもしろ速報サイトをご紹介。
 ●日本語ハッシュタグ速報【タグ速】

大喜利(おおぎり)と呼ばれる「お題」をもとに、様々なツイートを収集。
個人的には、「#web制作をドラクエ風に表現する」「#片思いも悪くないと思えるコピー」が好き。

●アーガイル株式会社のサイト
こちらも面白おすすめ!

 
**その2 歯医者さん*
「難しすぎる超難物おやしらず」のため何人もの歯医者さんに治療を断られた冲方トゥース×2――
そんなトゥースに挑んで下さった、素敵なバラの館、もとい新松戸総合歯科診療所をご紹介。

●新松戸総合歯科診療所

初診の際、タクシーで行ったところ、運転手さんが「歯医者さんの建物に見えないので迷った」ほどモダンな建物。受付には『クラシックの進め』『バラ園への招待』『チャリティ・コンサート』の小冊子やCDなどが並んでおり、来る場所を間違えたかと思えるほどの文化空間である。

むろん間違ってはおらず、むしろ見るだにすごい設備のそろった診療所にて、さまよえるトゥースを、なんと院長さん自らが執刀。
だが抜歯というよりまさに「口腔外科手術」で、さしもの院長さんもCT画像を見るなり「うっ」と呻いたほどの難物トゥース。
患者も執刀者も血まみれの大苦戦となった一本目ののち、「このままじゃ終われねえ」と男気をみせる院長さん、新たな「作戦」によって、二本目は驚異の短時間で終了。

ふしぎなおどりを披露したくなるほどの痛みに襲われた一本目に比べて、二本目は翌日には普通にものが食べられたという驚くべき速攻治癒でした。

もし歯でお悩みの方がおられれば、自信を持ってお勧めできる診療所です。
作戦に従って的確に切断されたトゥース。
バラの館だけにバラッバラであるも接着剤で復元中。

2012年1月5日木曜日

☆本日のお知らせ☆

新聞にてエッセイを書かせていただきます(゜Д、゜)

(1)●朝日新聞 土曜刷り「be」内 「作家の口福」 全四回
なんと「食」縛りのエッセイ・コーナー。
初掲載は1月14日(土)です。
2回目が1月21日、3回目が1月28日、最終回が2月4日
となっております。

(2)●日経新聞 夕刊エッセイ欄「プロムナード」 半年間の執筆
日替わりで様々な書き手がエッセイを寄稿するコーナー。
冲方は「火曜担当」、1月10日スタートです。

☆本日の一枚☆

なんと舞台版ファフナー役者陣のレア姿が送られてきたでござる。
年明けに『Heaven and Earth』鑑賞飲み会を開催とのことで、桜田さん(総士役)の左目隠しが秀逸。
大音さん(甲洋役)いわく、「今年は辰=ファフナー年」! 言われてみればその通り! 公式で使えば良かった!

舞台蒼穹のファフナー公式ツイッター「@butai_fafner」では、役になりきった役者陣のツイートが楽しめます。
みんなで分かち合えるって良いなあ。


さて。
新年から、新聞エッセイ、時代小説、アニメのプロット、四コマ、ブログで自作絵、「最後のライトノベル」。
ふと空を見上げ、つい、いつものように、心の中でささやいたでござる(゜Д、゜)

今年も、このカオスが平常運転か。
スケジュール組んだ去年の自分、呪われて死ね。
http://towubukata.blogspot.com/2011/12/blog-post_30.html

あ…、SF大賞・授賞式の選評の言葉、どうしよう。全作最高ですマッハで。

2012年1月4日水曜日


☆本日のひらきなおり☆


先年末、ブログにて載せたマニフェストに、「春海くん四コマ」(*)が入っていないじゃないか、とお叱りを受けたでござるよチクショー(゜Д、゜)

敗北した我が身(**)ゆえ、粛々と練習中なのである。その証拠として、『テスタメント』完結のマニフェストもあるゆえ、ようやく絵っぽい感じになってきたしろもの(***)を、ひらきなおって大公開。

特甲とか難しすぎて涙目に。あんたらすげぇですよ、二階堂ヒカルさん、白亜雨月さん、島田フミカネさん、灰村キヨタカさん、中嶋ヤマトさん。(****)

今ふと思ったが、色をつけたり背景を用意する必要などまったくなかった気もする。



(*)2011年夏に決行された、「冲方サミット・ポーカー対決」で、各社の担当氏が冲方のスケジュールを賭けて対決。アフタヌーン連載中の『天地明察』を担当するN氏が絶大なポーカー運をみせて勝利した。これにより万人の予想をくつがえし、よもやの「小説家なのに自分原作の四コマ漫画を描くというシュールな仕事が決定してしまった。

(**)冲方もポーカー対決に参戦し、「一ヶ月失踪」を求めて戦ったが、あえなくバタンキュー。現在は仕事の合間をかいくぐって練習中。さながら付け焼き刃の新春隠し芸大会である。

(***)あらためて漫画家さん、アニメーター諸氏、イラストレーター陣を尊敬。よくもこんな難しくて大変な作業を通して、人を感動させられるものである。もう無理。ダメ、ゼッタイ。

(****)カタカナ率の多さに今気づく。8割とは何かの符号か?

2012年1月1日日曜日

☆本年も宜しくお願いします☆


おお、エクスプロード!!(゜Д、゜)

例年通り、拾いもの画像を適当に加工したでござる。


本年もどうぞご愛顧のほど宜しくお願いいたします。
m(゜Д、゜)m