2011年3月17日木曜日

【物資を「運ぶ」のではなく被災者を被災地の「外に出す」】(1)~(3)まとめ


※以下は、冲方が福島から出て移動した際、関係各社に一斉送信したメールの一部を抜粋して順番にまとめたものです。
※ブログ内タグ「物資を「運ぶ」のではなく被災者を被災地の「外に出す」」(1)~(3)を読みやすいよう時間順に並べ直し、新しい情報をもとに加筆修正したものです。

※内容は以下の通りです。
(1)なぜ「移動」すべきか。「移動」する人をどう助けるか。
(2)重要な「天候の情報」。「移動」する人の心理状況。
(3)冲方がとった具体的なルートと、必要だった金額と日数。



物資を「運ぶ」のではなく被災者を被災地の「外に出す」(1)
送信日:3月15日

以下、あくまで私見ですが、ぜひ向こう数日間から一週間ほどの間、
皆様にご検討していただければと思うことを記します。

●被災地に「物資を運ぶ」のではなく、「被災者を被災地の外へ出す」ことに、
時間と金銭を使うことを考えて下さい。
 
今回の災害において最も重要なのは、迅速な被災地からの脱出であることを思い知りました。

阪神大震災以降の災害対策の基本姿勢は、被災者が被災地付近にとどまり、
ライフラインの復旧と支援物資の到着を待つ「待機」です。
救助隊の原則も、人が避難所に「待機」していることを前提としております。

しかし今回のような、「広域かつ深刻な、複数の異なる未経験の災害が、短時間で連続し、
さらには繰り返し継続的に起こり続けた」場合、
被害の全体的な実態すら曖昧なため、支援は予想以上に遅れ、現地の状況悪化は急速に進みます。

また、「被ばくする」という風評被害により、肝心の支援物資を輸送する車両が被災地を目前にして引き返すというようなことも起こっております。

災害時に最も有効なのは「待機」することだと考える方も多いでしょうが、
いったん「待機」すれば「移動」は刻一刻と困難になるばかりか、
現地で健康を保つ手段が驚くほど急速に失われてゆきます。

そのため、いかにしてライフラインが保たれている場所へ、
一刻も早く「移動」するかが重要でした。


●ぜひご支援可能な方々には、被災地およびライフラインを失った方々へ、
1)安全な移動場所とルートを調べ、教えてあげる。
2)移動手段を調べ、与えてあげる
(列車・航空・高速バスの空席確認や予約やキャンセル等を代わりに行う)
3)移動後の宿泊場所を調べ、教えるOR用意してあげる
(ホテル等の空き室確認や予約やキャンセル等を代わりに行う)

ぜひ、これらの補助を行うことをご検討していただければと思います。

移動中の人々と根気強く連絡を取り合える時間的余裕がない場合も、
1)の、付近の地域や、そのときのニュースの報道内容を伝えるだけでも助かります。

移動が必要なとき、インターネットで確認する余裕はありません。
電話で問い合わせても、いつの間にか状況が変わっている可能性があります。

逆にライフラインが確保された場所に移動しさえすれば、
水も食料も通信手段も生活場所も、自力で探すことが可能になります。

被災地から車で一時間移動しただけで、一挙に状況が好転することが多いです。

●また、道路状況は二転三転しますので、念のためチケットなど予約を入れ、
状況に合わせてキャンセルしていく、ということも多くなります。
そう言う際は、「せっかく予約してあげたのに」と考えるのではなく、
「選択肢をそれだけ多く用意してあげられた」と考えてあげて下さい。

なお、いたずらに予約することで窓口をふさぎ、結果的に他の人の移動手段を阻んでしまう、
という可能性もあります。しかし、「移動」は一日から数日ほどの短期間で済みますので、
キャンセル待ちをすることで次々に別の人が予約できます。
大事なのは「必要なルートは確実に予約し」「いらなくなったルートは確実にキャンセルする」ことです。


●現在、宮城・福島から、米沢・山形へ移動することさえできれば、
通信は回復し、水・食料があり、病院やコンビニは一部を除いて利用可能で、
酒田・新潟・秋田などに到達することが必要になりますが、
タクシー・レンタカー・電車・飛行機・バスによる各地送迎が可能となります。
羽越本線・上越新幹線・高速バスが生きており、日本を南北に移動することができます。
北海道へも大阪へも移動できます。
少なくとも明日明後日は十分に可能です。

しかし向こう数日で、物資不足・移動不能になる地域が、
宮城・福島の西側の県境から、一挙に日本海側の他県へ広がっていくと思われます。
そうなってしまっては、移動困難な地域がますます広がるでしょう。

明日から、酒田および一部の宮城県の港から、ガソリンの供給が試みられるそうです。
「だから待機するべき」ではなく、「だから移動するべき」と考えたほうが良いでしょう。

たとえ夜間であっても、
1)あらかじめ目的地の宿を確保した上で、
2)運転に慣れた各地のタクシーをあらかじめ電話予約し、
3)一時間程度の距離を進むたび予約しておいた現地タクシーに乗り換え、
ピストン輸送してもらうなどして目的地まで「移動」する。
これならガソリン不足を気にして長距離を嫌がる現地のタクシーも対応してくれますし、
常に現地の地理に慣れた運転手がいることでいざというときに困ることが少なくなります。

これが最善である可能性が高い、と言うことをご報告させていただきます。

●住んでいた場所を離れることは大半の方々にとって心理的苦痛を伴いますし、
安全な場所にいる者も、むやみと「移動」を勧めてよいものか迷うため、
様々な言い分を立てては、「待機」を選びます。

しかし被災者や、その周辺地域に住む者が、一人でも多く、長くとどまるほど、
その後の救助の労力は増えます。水・食料・ガソリン等は到底、間に合わなくなります。
ライフラインが回復するまで待機する、ではなく、
ライフラインが回復するまで別の場所に行っている、とするべきでしょう。

実際にライフラインが回復したとき、被災地やその付近で待機していた期間が一日でも長いほど、
病人やけが人が増加・深刻化する可能性があり、
現地で消費されたため改めて支援されねばならない物資は増え、
溜まった汚物等を洗浄したりするための水なども、余計に多く必要になります。

もちろん実際に移動するかどうかは現地にいる人々の判断次第ですが、
移動するための情報があるのとないのとでは心理的に天と地です。
「チケットをとってあげるから」「二時間並べばバスに乗れるから」と言われて動く気になる人もいます。

また、現地にいる人々の努力だけでは情報は手に入らず、
より状況が悪い場所へ移動してしまう可能性もあり、そのせいで「待機」を選んでしまいます。
「どこどこは水がないから行くな」「どこどこは電話で確認したところ水道が生きている」といった
情報だけでも、移動する気力につながります。

●太平洋側一帯に親戚・知人友人がおられる方は、出来る限り「移動」を勧め、
ナビを助けてあげて下さい。
また、「確実な移動手段」を、今のところは個別に教えてあげて下さい。
組織的に行うのは現時点では無理ですし、変化する状況に追いつけません。
「このサイトを調べればいいよ」「県庁に情報提供したよ」といった
漠然とした指示や行為は、あまり効果がありません。


●なお、組織的な発表や支援は、しばらくは期待できません。
支援に来られる自衛隊などプロの方々は、もちろん頼りとすべき存在です。
しかし彼らは一様に、避難者の「待機」や「救出」を大前提として訓練されています。
訓練された以上のことは彼らにはできませんし、被災者の健康保全などは無理です。
何より、現在の状況は、彼らが経験した訓練の「想定外」であるということを、ぜひ知っておいて下さい。

「こんなこと誰も経験したことがない。その場その場で対応していくしかない」と、
米沢のホテル関係者が言っておりましたが、至言だと感じました。
ガソリンを積んだタンクローリーに警察が付き添う光景など、
誰が想像できたでしょうか。


物資を「運ぶ」のではなく被災者を被災地の「外に出す」(2)
送信日:3月16日

●先日お送りしたご報告につきまして、付加すべき重要な点が二つあります。

1)「現地の天候」
現在、日本海側に雪が多く、道路・電車・空港で足止めを食う可能性があります。
移動中、天候のことは失念しがちですが、非常に重要です。
もし被災地の方と連絡する場合、当日・翌日の天気予報の最新情報を共有してあげて下さい。


2)「疲労は想像以上に早い」
先の見えない「移動」も「待機」も、驚くほど急激に体力・気力を奪います。
とにかく「移動」時は距離と時間を稼ぎたがって無理をしがちになりますが、
なるべく頻繁に宿を探して休息を取るよう勧めてあげて下さい。

逆に、「待機」時は、疲れているからじっとしていたくなりますが、結局は
ライフラインが確保されていない場所でじっとすることほど疲れることはありません。
いずれ疲労がピークに達して病気になります。むしろそれ以上、疲れないよう、
どうにか「移動」の手段がないか考えねばなりません。


3)「不特定多数を助けない」
誰かを「移動」させるためのナビや補助は、まず「親戚友人知人」に特定して下さい。
数人単位で迅速に判断し、動いていくことで可能なことが多く、不特定多数の方に対し、
同時かつ平等に有効な手だては、今のところ、ほとんどないと思って下さい。
逆に、集団が移動し始めた途端、様々なものが不足し、全員同時に動けなくなることが多いです。


●ご参考までに、移動中の心理状態について経験を二点ご報告します。
1)現状の「否認」
ものの本にしばしば書かれている災害時の心理状態ですが、
まさか自分がなるとは想像もしていませんでした。
「大丈夫、安心すべき、じっとするべき、何もするべきでない、心配ない」
といった現実の拒否です。
要は「どうなるかわからないから移動したくない」です。
この心理に引きずられないようにするのは、けっこうな精神力を使います。
具体的にどうフォローされれば良いのか僕も分かりませんが、
移動中、しばしばそういう心理状態になるということを知っておいていただければと思います。


2)錯誤の多発
おそろしく単純なことが瞬間的に分からなくなります。
これも、災害関係の書籍に見られる事例ですが、まさか自分がそうなるとは思わなかったことです。

たとえば僕の場合、エレベーターの「開」「閉」のボタンのどれが何だか本当にわからなくなりました。
ホテルでは「220」がいったい何を意味する記号か、立ち止まって考えてしまいました。
取り出したばかりの財布を、どのポケットに戻せば良いのか分からなくなりました。
これは人によって全然違うようです。
落ち着いてゆっくり考えれば、自然といつもの判断が戻ってきます。

単に焦っているのではなく、日頃とは脳の使い方が全然違っている感じです。
緊張下で様々なことを考え続けるうちに、日常的な判断力が逆に鈍ってゆきます。
ですので、誰かから「チケットなど大事なものを置き忘れていないか」
といった軽い確認やフォローをしてもらえるだけで、かなり助かります。



物資を「運ぶ」のではなく被災者を被災地の「外に出す」(3)
送信日:3月16日

 ※大人二人・子供一人・自家用車なし、という条件で、
 1)福島県福島市から新潟市まで、十万円と二日~三日間。
 2)新潟から北海道(関東・関西)まで、十万円と一日~二日間。
 もしかするとこれが一つの目安になるかもしれません。
 より「安く・短く」することが、個人においても行政においても課題になると思います。

 内訳は下記です。
 ※福島から新潟まで移動する間、約二日間と十万円を費やしました。
 うち最も多い現金決済は、タクシー代総額の六万五千円強、飲み物や食べ物の五千円強。
 それ以外は、今後の飛行機代やホテル代もふくめ、カード決済です。
 ※新潟から北海道まで移動する間、飛行機代が八万円弱、宿代が二泊で五万円強、時間は一日半の予定。
 ※車と飛行機などの移動が自然と最も高くつきます。逆に、いったん移動すれば、高額のホテルしか
空いていないというのでない限り、大幅な出費は考えなくともよくなるということでもあります。


「移動ルート」
○14日ルート決定
 ※情報等のご支援により数時間でルート決定できました。
 BETTER ルート1)福島→米沢→山形→酒田→新潟
 BEST  ルート2)福島→米沢→坂町→新潟
 ※とにかく新潟を第一次目標としました。
 ※あらかじめタクシー会社に移動可能距離を問い合わせ、米沢なら可能とのことでした。
※米沢に着いてから、どのルートが可能か確認することにしました。
 ※米沢のホテルを探し、三日分予約しました。

○14日深夜午前0時 出発 福島からタクシーで米沢へ
 ※僕、家内、四歳の長男が、トランク二つ、バッグ二つに荷物を詰めて移動しました。

○15日午前1時半頃 米沢に到着
 ※深夜ですがあらかじめホテルに連絡していたためすぐにチェックインできました。
 ※震災被害がほとんどないことを確認しました。
 ※水道と電気が生きていることを確認しました。
 ※車で一時間ほど移動しただけでライフラインが画然と違うことを確認しました。

 ※休眠してのち、終日、情報収集と今後のルート確認に費やしました。
 ※レンタカーはのきなみ使えないことを確認しました。
※ガソリンを筆頭に物資が急速に不足していることを確認しました。
※物資不足でコンビニが閉店する前に、急いでATMで金銭を確保しました。
 ※コンビニが昼過ぎには閉店するなど、じきに米沢周辺も深刻な物資不足になることが
 予想されました。
 ※各都市のホテル・駅等に連絡し、
BETTER ルート1)福島→米沢→山形→酒田→新潟
が可能であることを確認しました。移動手段は、
 米沢→山形 タクシーで可能とのこと
 山形→酒田 高速バス 一日三百人ほど並んでいるが乗れなくはないとのこと
 酒田→新潟 羽越本線が運行中
とのことでした。

※現在、ガソリンの供給ルートとして、
北海道から酒田へ運ばれていることを確認しました。
これにより、それぞれ親族等のいる関東・関西・北海道のうち、
母と妹夫婦がいる北海道を最終目的地とすることを検討しました。
現地の状況を母と電話で確認すると、
「震災前と何も変わらず、物資の買い占めなどは全く起こっていない」とのこと。
これにより北海道へ行くことが最善と判断しました。

 ※我が家が米沢に到着した後、次々に各地から移動してきた人がホテルを訪れました。
 ガソリン切れで移動不能になった人々も多かったようです。

※ANAのHPを照会し、空席を確認。
即、新潟空港から北海道千歳行きのエアチケットを予約。
その後数時間もしないうちにHPでは「二日後まで空席なし」となりました。
ギリギリで購入できました。

※夕方になり降雪が始まり、雪で道路が断たれるかも知れないという可能性に直面しました。
とともに、以下の指針を立てました。
:「どこで足止めされても良いよう、通過する都市全てのホテルを予約する」
:「現地や交通状況などは、一度ではなく何度も、複数の人や機関に問い合わせる」
 :「いったん決めたルートに固執しない」

 ※一晩中、「本当にこれで良いのか」「家に戻るべきではないか」という考えに襲われました。
 被災時の、いわゆる「状況の否認」が自分の心に起こっていたことを初めて実感しました。
「大丈夫だ、何も起こらない、安全だ、動かないほうがいい、じっと休んで回復に専念すべきだ」
などと、心が現実を拒否し始めており、
この「動かないほうがいい」という考えに従うことが、逆に最も危険なのだと実感しました。
 実際は、物資が不足し始めている街で、めども立たないまま、じっとしているわけにはいきません。
 翌日、雪が積もらないことを祈るばかりでした。

○16日午前10時 出発
 ※積雪は大したことはありませんでしたが、降雪の多さに焦慮しました。
 万一、雪によって道をふさがれたら、行くも戻るも不可能になります。
 除雪車がガソリン不足で動かない、という事態を想像してぞっとしました。

 ※朝食後、ルートを再確認し、ホテルのフロントを通して出発の一時間前にタクシーを予約し、
あらかじめ行き先を相談することで燃料が豊富な車両を回してもらえるようにしました。

 ※タクシーの運転手と相談すると、「新潟でガソリンが補給できるから行ける」となりました。
 米坂線の運休とレンタカーが使えないことから断念していた、
 BEST ルート2)福島→米沢→坂町→新潟
 が可能であることから、新潟行きを頼みました。

 ※前日に予約した宿は全てキャンセルしました。
 宿によってはキャンセル料は請求しませんと言ってくれました。
 楽天などによってカードで予約してしまうと自動的にキャンセル料が発生しますので、
 電話により口頭で予約する、もしくは現地で現金決済、が最も融通が利きます。

 ※タクシーの車内で、携帯電話で新潟の宿を予約しました。

 ※降雪がひどく、途上、二度も、横転して救助を待つ車を見ました。
 ※移動は、夜間よりも降雪時のほうが危険です。
 現地の運転に慣れたタクシー運転手でない限り、雪の中で運転すべきではありません。

 ※数時間かけて山形県境を越え、新潟県に入った途端、状況が好転しました。
 ガソリンスタンドは通常通り営業していました。
 複数のタンクローリーが山形・福島・宮城方面へ移動するのを見ました。
 物資の買い占め等は全く起こっていないということでした。

 ※午後、新潟市のホテルに到着しました。
 ※各地から到着した人々がロビーにちらほら見えました。

 ※夕方から、新潟市内のコンビニが混雑していたことを確認しましたが、
これは物資不足が原因ではなく「計画停電」に備えようという動きでした。
 ※また、品不足でホテルのコンビニが閉店していましたが、買い占めが原因ではなく、
 商品が輸送されず、自然となくなってしまったとのことです。

 ※今はまだまだ物資が豊富ですが、続々と、酒田・新潟方面に向かって避難者が
増加しておりますので、物資不足が広がることが予想されます。
 やはり移動できる人は、今の内に移動すること、
そして、「駅や空港などにアクセス可能な都市にいつまでも滞在しないこと」をお勧めします。
 迅速に移動し、ホテルの部屋などを空けることが、次に来る人たちのライフラインを
 確保することにつながります。

 


●個人的に希望していること
 以下は、今、個人的にこうあって欲しいという願望です。
 結局は、ただの愚痴かも知れませんので、あまり転載などしないほうが良いかも知れません。

1)「物資輸送トラックは被災地で荷物を下ろして空になったら、現地にいる人間を積んで帰る」
現在、物資を輸送しているトラックによって、希望する被災者を、
ライフラインが確保された場所まで運ぶ。
道交法上の問題もあるでしょうし、過酷な移動になりますが、
もはや人間を物のように運ばねば、健康保全が間に合わない人々がいます。

2)「義援金をホテルとタクシー代に充てる」
向こう一週間ほどは、義援金を、物資輸送等だけでなく、
「被災地に近隣する都市、駅や空港付近の都市などの
 タクシーとホテル代に充てて、被災者が低額で利用できるようにする」ことで、
相当数の人が助かるはずです。

3)「首都圏や関西以南などにいる人々の、海外旅行の奨励」
 一時的に一般市民の人口が少なくなればなるほど、物資の面での回復が容易になるのは過去の災害事例から明らかです。
 特に、物資の買い占めなどに走るだけの経済力を持つ方々には、そのお金を義援金に回すのでない限り、
ぜひ海外旅行に費やしてしばらく帰って来ないでいただきたい。
そうすることで国内の食料や電力消費等を軽減できるはずです。
 連休などを利用して、ぜひ、近隣の韓国や香港やシンガポール、あるいはタヒチやバリなど、
安全で物資が豊富な国へ、バカンスなどに行っていただきたい。
国外へ出ることで、より客観性の高いニュースにもふれることができるでしょう。
 不謹慎なようですが、そもそも数日程度しか保たないような物資の買い占めなど無駄であり、
そんなことをするくらいなら他国に長期滞在してもらうほうがいい。