2010年6月21日月曜日

【本日のお知らせ】

・『神話の力』(早川書房、ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ)、文庫版の解説を書かせていただきました。
 かれこれ十四年もの間、読み続けている本です。感慨深い一方で、まだまだ届かないなあ、歩き続けねばいけないなあと実感。頑張ろう(゜Д、゜)


・『デーモン聖典』(白泉社、樹なつみ)、文庫版の解説を書かせていただきました。
 まだ発売は先のようですが、『花とゆめ』『LaLa』を夢中で呼んでいた頃を思い出しながら書きました。あの頃の感覚はなくしたくないものです。



【遅くなりました】 書店訪問第三弾 京都編 【夏が辛い】
 お邪魔させていただきました京都の書店様。
・三省堂書店 京都駅店
・ふたば書房 京都タワー店
・大垣書店 営業本部
・大垣書店 四条店
・大垣書店 イオンモールハナ店
・ブックファースト 京都店



・三省堂書店 京都駅店
「本屋大賞一位で入れます公約ポップ」を目にして改めて感謝・感動です。

最嬌ガールズ
 営業。夜になって到着した冲方ら、閉店後も待って下さっていた書店員様たち、いずれも寝不足超ハイテンションでありました。沢山のサイン本を書かせていただきました。


西(の『天地明察』実売上昇)は、ここから始まった
 担当。感慨深げに、閉店後の店内に立って。



・ふたば書房 京都タワー店
 京都駅を出てすぐの観光名所。
会社面接か対談か
 担当。社長と向かい合う冲方を見て。書店の経営について大いに伺えました。そこまでお話してもらっていいのだろうかというくらい勉強になりました。
妻子あります
 社長。記念写真の際に。「この結婚指輪を乗り越えてこい」と世の女性たちにアピールして。
ちょいじゃない悪オヤジだ
 担当。社長の言動にやたらと感動して。一筋縄ではいかない京都の商売を実感。
みやげもの大賞だ
 営業。店内で販売している竹しおりに感動して。竹材の余剰分を活かすということで、社長が業者と一緒に企画したとのこと。クォリティと見る角度が違います。

・大垣書店 営業本部
 ほぼ全店での『天地明察』展開の中核を担って下さいました。
これが「はんなり」か!
 担当。店構えや書店の方を表現する一言に感動して。
大垣書店とのコラボ・サイン!
 担当。「冲方丁」の「方」の字を、大垣書店のマークに似せたことに感動して。
なぜみんな右へ傾く
 担当。記念写真の際、なぜか冲方をふくめみなさんマイケルなみに傾くことについて。


・大垣書店 四条店
 もはや伝説と化した「豆電球・北斗七星ポップ」が置かれています。
 制作した北住さん(『天地明察』初版オビのフレーズ考案者)は現在イオンモールハナ店の店長に。
神棚みたいになってる
 担当。『天地明察』コーナーを前にして。職人技のクラフトワークが感動です。


レジの『アバター』エリアに『天地明察』の映像告知が
 担当。レジにも進出していることに驚いて。飛び出しはしません。

・大垣書店 イオンモールハナ店
 『天地明察』の初版オビのコピーをはじめ、光る北斗七星ポップ、自作の絵馬ストラップなど、数多の「明察グッズ」を生み出してきた店長さんが今日もクラフト魂を燃やすお店です。


『マルドゥック・スクランブル』にサインを
 店長。サインの指定位置が、「三冊合体すると分かる場所」という『ドラゴンボール』方式。この発想が普通はまずないです。

クロスカウンター的な記念写真を
 店長。まんまである。この発想は普通まずないです。
あの(ニュータイプで連載していたコラムで書いた)大工の人たちは捕まったんですか?
 書店員。店長から「聞きたいことがあるなら今の内だ」と許可されて。そこを訊くところが普通まずないです。ちなみに建設業の許可がないのに冲方の自宅を建てようとしていた人たちのことです。ほとんど忘れていましたが検察取り扱い中だそうです。最近、同様の事件がとても多いらしいです。
普通に握手したりみんなの集合写真とかとりましょうよ
 担当。あまりのクロスカウンター的な斬新さに。デパートのお客さんたちが何事かと見てました。

・ブックファースト 京都駅店
 棚丸ごと冲方作品。本屋大賞から一ヶ月以上ののちもこれほどのスペースを用いて下さっていることに驚喜、「食わず嫌いはダメ」ポップに感動。
なんか昇天する人みたい
 担当。記念写真の際、なぜか真ん中にいる冲方に光が差し込むことについて。


商売のふたば、発想の大垣、さわやかブックファースト
 担当。三店のそれぞれの特徴を歌っているようだが、実際は担当お気に入りの男性店長を列挙して。


・おまけ (上)三省堂書店 京都駅店の「最嬌ガールズ」とともにハイテンション落書き。(下)京都に赴く前に大いに煙草を吸っておく冲方・営業の勇士たち。
著者新境地
 三省堂書店・京都駅店。ハイテンション落書きについて。もとは「可愛いサインの考案」のはずだったが、カオスになってしまいました。

喫煙天国、大阪」「己に優しく、地球に厳しく
 営業の勇士たち。大阪の喫煙スポットにて堂々と煙を発生せながら。
限りなくブルーに近いレッド
 営業の勇士たち。大阪の人々が、本当に驚くほど赤信号を堂々と渡っていくことについて。京都に入った途端、規律正しく信号に合わせて渡る歩行者との差にびっくり。