2010年6月29日火曜日

※本日の一言※


 先日たまったネタをいっぺんに出すあまりぐだぐだしい記事を書いたので書き直そうと思うのだがどうだろうと君に聞いている、まあいいか別に、というその意見を採用する。ところでケンブリッジ大学が研究したネタによると人間はぐだぐだな文章でもけっこう読めちゃうらしいよ、という自慢げな話を聞かされた。こなふんう に ごゃちちごゃ の ぶしょんう でも わくしたたちの ぶょんしう は よちめゃう 「イナオズン!」 とか じもゅん を とえなたり 「キサャリン!」 とか ひとの なえまを よだんり しても けこっう よめる ほんうとだ すいごね これ とういこと らしいですよ。



良い意味でセクハラなんだよ
 キングレコード。「良い意味で」を付けるだけでちょっと違った印象が生まれるんですよねー、という一言。ほとんうに そうかは わらかない けどね。


良い意味でお前が嫌いなんだよ
 キングレコード。「良い意味で」をつけると途端に表現が軟らかくなりますね。これならシャイなサラリーマンも会議で鋭い意見が言えること間違いなしです。


良い意味でお前の存在がムダなんだよ
 キングレコード。会議での一言もこうすれば軟らかくなりますね。


わたしたちロトの勇者です
 角川ニュータイプ。合コンで「職業は?」と訊かれて答えたという一言。日々、六億円が当たることを夢見るLOTOのOLである。


経費で恋人(『ラブ+』)を落としやがった
 ニュータイプ&スニーカー。


部長会議で(『ラブ+』を)プレイしてみせやがった
 ニュータイプ&スニーカー。


そんな会社は来年から新卒殺到だ
 ニュータイプ&スニーカー。


なんで?
 色々な人。ただでさえギリギリを通り越したスケジュールなのに、なぜ今さら『マルドゥック・スクランブル』の新装改訂版をやるのか、ということについて。
 身辺でマジレスする方が異様に多いのでこちらもマジレスさせていただく。理由は以下。この作品だけは避けてはいけないことだからである。この作品を通して本当に多くの方々が当時の小説家・冲方丁を作って下さったし、その全てが今の冲方丁を作って下さった。なのに改稿不能なほど年月が経ってしまったわけでもないくせに、文芸賞をいただいた、急激に忙しくなった、スケジュールが大変なことになっている、などといって、安易に劇場版合わせの新装版で十年前の文章を過去最大部数で出し、作家本人は何一つしないなど、業界や現場の最前線で戦ってる人たちに対してどれだけ失礼か、あぐらをかくためにメディアミックスの現場に飛び込んだのか、SF大賞に対する感謝の念、当時の読者によって成長させてもらった感謝の念は、作品でしか返せないということを身をもって示さないで、あの受賞作家さんですなどと若手の前で偉そうに立てるか、『テスタメント』『光圀』『マルドゥック最終章』全てきっちり書く、水面下で進行している企画も手を抜かない、それら全て「今が旬だ売り時だ」という意見も理解している、だがその前に最もやらねばならないことをやる、それだけである。