2009年12月12日土曜日

※本日の一言※



二十歳?(゜Д、゜)
 冲方丁。別冊少年マガジンにて連載中『マルドゥック・スクランブル』ザ・コミックである。画・大今良時さんである。アシスタントなしの単独兵器である。今話は正直シャレにならない領域に突入である。もはや「原作者ですよ僕は」などという安穏とした気分は根こそぎであり、負けるものかという気分を大いに刺激されたネームであり原稿であり仕上がりである。
 『シュピーゲル』シリーズ最終編と平行して、『マルドゥック』シリーズ最終編を準備中の今、得難い強敵が出現。若さも不器用さも実直さも自由さも全て武器にして描いている若き虎である。今の自分にそれができるか。身に着けた技術の全てを薪にして情熱を燃やせるか。破綻を怖れず失敗に怯えず、退路なき前進を真実やってのけられるか。負けられねえですよ。しかし、できれば真面目にアシスタントを入れて人材を育成するとともに、その貴重な右手の負担を軽減して欲しいと心から願います。