2009年12月26日土曜日

※本日のお知らせと一言※


 +++お知らせ 短編書きました+++

 早川書房SFマガジン特大号(2月号・50周年記念号・12/25発売)にて、『メトセラとプラスチックと太陽の臓器』掲載。久々の冲方SF短編です。常にお世話になり続けているSFマガジンへの感謝を込めて、大いに楽しく書かせていただきました。



天地明察とは正反対の、

さりげない新境地

 早川書籍【塩】部長。掲載された短編について。一度、試みてみたかった手法である。短編が評価されるというのは、他の媒体とはまた違った嬉しさがある。




こちらの方からお葉書届いております

 嫁。『天地明察』の感想が記された葉書が届いたよ、という件について。







マジだ!(゜Д、゜)
 冲方丁。よもやの史彦お父さんこと田中正彦さんから直筆の感想と激励をいただいてしまいました。作品をともにした異業種の方からの激励というのは咄嗟に説明できない深い嬉しさがあります。ありがとうございます。





三刷り決定○○○○部
 角川書籍担当。『天地明察』について。別件で打ち合わせ中だった冲方に電話にて。「驚きでぼんやりする気分を味合わせたくて」とのこと。確かにぼんやりするどころか、っげー!?(゜Д、゜)と、わけわからなくなる部数であった。発売一ヶ月足らずのハードカバーの合戦も剣客もない時代小説である。というか『テスタメントシュピーゲル1』の発行部数を超えてしまった。さすがに、ありえねー!?(゜Д、゜)と、思わず何度も計算したが確かに超えていた。なお打ち合わせ相手は集英社の小説すばるさんであり、角川担当さんと知己だったりする。時代小説ものを今後も書き続けていける下地ができて素直に嬉しい次第。