2009年7月16日木曜日

※本日の一言※

落ちちゃうよ?
 息子、寝言にて。〆切り間際に疲れ果てて寝ようとした途端、いきなり耳元でささやかれて心臓が破れる思いをした。このピンポイントぶりが我が子ながら恐ろしい。


「我以外みな全て師(えさ)
 某作家A。「ぶっちゃけどうなのよ今の世の中」な話題において一言。「みな師」は昔の作家の名言。それをあたかも栄養摂取であるかのように強調した、グラップラーな姿勢である。


「いかなる作品をも次の時代への過程とみなす」
 某作家B。「本音」の一言。どれほどの名作、どれほどの駄作であろうと、「自分が今渡っている橋の一部」とのこと。オーバー・ザ・レインボーな姿勢である。


「一生自信がない自信がある
 某クリエイターC。自分の作品に対する一言。いわく「常住坐臥、背水の陣」である。「きっと来月とか仕事ないんだ俺」という、きわめて後ろ向きにも聞こえるが、その実、恐ろしいほどに超ハングリーな姿勢である。なお、もし本人の名前を出せば多くの人間が「てめえが言うか」と言いたくなること請け合いである。


肉が待ってます
 ブロスタTV制作。ついつい誘われてしまう一言である。


「よろしかったら好きにして下さい
 Rバックマン氏(本人自称)。完全に別件の場で、まったく必然性もなく、気づけば『シュピーゲル』のマイ・イメージをその場でシャカシャカ描いていたものを手渡して一言。どう好きにすればいいのか全然分からないので持って帰ってブログにUPしてみた。